AI’s Eyes: No.9 美しくて優しい日本の私

8月6日(水) 猛暑

岡山県倉敷市の大原美術館を訪れた。

世界に誇る逸品、エル・グレコの『受胎告知』をはじめ、モネ、マチス、ピカソのみならず、アンディ・ウォーホルなどのモダンアートから、河井寛次郎の焼き物まで、貯蔵品は圧巻。日曜日8時のEテレ番組、『日曜美術館』の10年分のテーマになるのでは?

第二次世界大戦後、一部が没収されたそうで、もし手付かずだったら、きっと北斎や鍋島焼、伊万里なども見られたかなぁと想像は尽きない。改めて日本の文化、教養や品格を感じる良い旅だった。  美術館からの帰り道、「美術への感動」より感激した出来事があった。道に迷ってしまい、旅のお供をしてくれた叔母と、「倉敷駅はどこかしら……」とおろおろしていた時だった。自転車に乗っていたおじさんがわざわざ自転車を降り、アスファルトの上でピザが焼けるほど暑い中、丁寧に道案内をしてくれた。今回の旅で、そんな親切な人に三度もお世話になった。

IMG01315.jpg

川端康成がノーベル文学賞を受賞した時、ストックホルムで『美しい日本の私』と題した受賞記念講演をし、美しい日本に住む喜びを述べた。今の私は、『美しくて優しい日本にいる私』かな?

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

REDESIGN

ジュエリーのリデザインも承ります。大切な想い出がたっぷり詰まったクラシックなジュエリー。何も捨てず、全部を使って、現代風に甦らせます。

HOW TO ORDER

Contactフォームより、お気軽にお問い合わせください。

FOLLOW ME

  • facebook-square

© 2013 by Aiko Aida. All rights reserved.

All  images by Yuji Komatsu >     http://www.komatsuworks.jp/