AI’s Eyes: No.2 孤高のユリ

6月19日(木) 小雨

 昔は、衝動買いばかりしていて、気に入ったものは必ず手に入れた。  ここ数年、「これを買いたい」という感情がおこらなくなり、物欲が無い。「つまんないなぁ」と思う反面、買い物へ行かなくてもよいので気楽かなと考えている。

 物欲がないと、モノ作りをする時、邪念が一切なくなる。ひたすら、美しいものを作ろうという「職人魂」が冴え渡るのだ。

 買い物欲がない代わりに、時々、自分にお花を買う。で、今日はユリ。

 日本の国花が桜なら、フランスはユリ。フランス王家の紋章は、地中海のように鮮やかな青を背景に、金色の「フルール・ド・リ(ユリの花)」を配したもの。

 ユリは、一面に緑が広がる平原に、ただ一輪咲いて四方を圧倒する。そんな、孤高にして気品のあるユリをフランス人は愛したのだろう。

 今日の様に、小雨が降る日、ユリが放つ甘くて高貴な香りと、華やかなオーラに圧倒されながらモノ作りをする。このときが一番幸せ。

孤高のユリ

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

REDESIGN

ジュエリーのリデザインも承ります。大切な想い出がたっぷり詰まったクラシックなジュエリー。何も捨てず、全部を使って、現代風に甦らせます。

HOW TO ORDER

Contactフォームより、お気軽にお問い合わせください。

FOLLOW ME

  • facebook-square

© 2013 by Aiko Aida. All rights reserved.

All  images by Yuji Komatsu >     http://www.komatsuworks.jp/